名札の作成ならお任せ下さい。

ネームプレート工房
お問合せはこちら

名札の作成【ポイントとFAQ】

会社や団体、学校、施設などの名札の作成は、山茂登ネームプレート製作所にお任せください。
川崎にある会社で、普段は神奈川、東京を中心に営業活動を行っていますが、インターネットを通して、全国のお客様に高いクオリティーの名札を、リーズナブルな価格でお届けしています。
我々は、名札の作成を通して、多くの方とのつながりを築き、当社を選んでいただいたお客様へ、満足と利益を届けることを目標に、人のお役に立てる企業を目指して日々努力しています。
そのため、常に新しい手法を取り入れることに労力を惜しまず、お

名札 作成

客様に満足いただけるデザインに仕上がるまでは、妥協を許しません。
イベントで使用するキャンペーンバッジや周年記念バッジ、オリジナルバッジの製作も行っており、お急ぎのご注文や小ロットのご注文にも喜んで対応させていただいております。
他社で無理だと言われたオーダーでも、我々なら対応できる可能性は高いですので、諦める前にまずは当社までお問合せください。
朝9時から夕方6時まで、皆様からのご連絡を受付けしております。
名札に関することでしたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。

01名札の危険性とは

名札を身につけることには、自分の名前を思えてもらえる、生徒や社員同士のコミュニケーションに役立つなどのいろいろなメリットがありますが、名札を付けていることによるデメリットも最近では問題視されています。
小学生などの小さな子どもたちが、名札を胸につけたまま通学する光景を見るのが少し前までは当たり前でしたが、最近では外を歩くときには名札をつけていない生徒が多くなっています。
その理由は「連れ去り対策」であり、小学生を犯罪に逢わせないように、学校を出たら名札を外すように指示を徹底している学校が増えています。
最近の子どもたちは、知らない人に声をかけられても絶対についていかないように親や先生から教えられて、そのことが頭に刷り込まれているわけですが、それでも自分の名前を呼ばれると自分を知っている人だと思い警戒心が薄れます。
むしろ知り合いなら失礼のないように配慮して、言われたままついていってしまう生徒もいるのが現実です。そのため、今では名札以外でも、ランドセルや洋服などに名札を書く時には、外から見えないように工夫しているケースが増えています。
大人でも職場以外で名札をつけていると自分の名前を公衆に晒していることになり、いろいろな不都合が生じてしまいます。

FAQ一覧

PageTop

お問合せはこちら