名札の作成ならお任せ下さい。

ネームプレート工房
お問合せはこちら

名札の作成【ポイントとFAQ】

会社や団体、学校、施設などの名札の作成は、山茂登ネームプレート製作所にお任せください。
川崎にある会社で、普段は神奈川、東京を中心に営業活動を行っていますが、インターネットを通して、全国のお客様に高いクオリティーの名札を、リーズナブルな価格でお届けしています。
我々は、名札の作成を通して、多くの方とのつながりを築き、当社を選んでいただいたお客様へ、満足と利益を届けることを目標に、人のお役に立てる企業を目指して日々努力しています。
そのため、常に新しい手法を取り入れることに労力を惜しまず、お

名札 作成

客様に満足いただけるデザインに仕上がるまでは、妥協を許しません。
イベントで使用するキャンペーンバッジや周年記念バッジ、オリジナルバッジの製作も行っており、お急ぎのご注文や小ロットのご注文にも喜んで対応させていただいております。
他社で無理だと言われたオーダーでも、我々なら対応できる可能性は高いですので、諦める前にまずは当社までお問合せください。
朝9時から夕方6時まで、皆様からのご連絡を受付けしております。
名札に関することでしたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。

01名札の危険性とは

名札を身につけることには、自分の名前を思えてもらえる、生徒や社員同士のコミュニケーションに役立つなどのいろいろなメリットがありますが、名札を付けていることによるデメリットも最近では問題視されています。
小学生などの小さな子どもたちが、名札を胸につけたまま通学する光景を見るのが少し前までは当たり前でしたが、最近では外を歩くときには名札をつけていない生徒が多くなっています。
その理由は「連れ去り対策」であり、小学生を犯罪に逢わせないように、学校を出たら名札を外すように指示を徹底している学校が増えています。
最近の子どもたちは、知らない人に声をかけられても絶対についていかないように親や先生から教えられて、そのことが頭に刷り込まれているわけですが、それでも自分の名前を呼ばれると自分を知っている人だと思い警戒心が薄れます。
むしろ知り合いなら失礼のないように配慮して、言われたままついていってしまう生徒もいるのが現実です。そのため、今では名札以外でも、ランドセルや洋服などに名札を書く時には、外から見えないように工夫しているケースが増えています。
大人でも職場以外で名札をつけていると自分の名前を公衆に晒していることになり、いろいろな不都合が生じてしまいます。

02初めてネットで名札を注文するときの流れを紹介

今では大概のものはインターネット上で注文できるようになっていて、名札もその一つです。「名札 作成」などとネット検索すれば、お住いの地域にあるお店だけでなく、全国どこから名札を注文できるお店がたくさん出てきます。
すでに土台ができていて、そこにマジックなどで自分の名前を書けばいいような名札の場合は、欲しい商品を選択して七條賓などを購入するネットショッピングのように注文をすればいいですが、名前を印刷してもらう場合は注文方法が異なります。
利用するお店によって注文方法にも多少の違いはありますが、メールや電話などで問い合わせをして、注文の手続きをすることからはじめます。
数量などを決めたら次に名札のレイアウトを決める流れとなり、自分でもっているデータがある場合は、それを送れば希望に沿って作成してもらうことも可能です。
お店によってはサンプル品を届けてくれるところもあります。サンプル品のサービスがない場合は、決定されたデザインのデータが送られてくるので、それに納得できれば注文を確定します。
名札の作成にかかる時間もお店によって異なりますので、その点も事前に確認して注文先を決めましょう。

初めてネットで名札を注文するときの流れを紹介

03名札を作成してもらうときに良くある3つのお悩み

1.オーダーメイドで名札を作成した方がいいのはどんなとき?
長期にわたり名札を使用する場合は、オーダーメイド品がおすすめです。
特に大企業や名前を覚えてもらうために名札を利用する場合は、既製品などよりも重みがあるオーダーメイド品の方が、会社などのイメージも良くする効果があるため、簡易なものを選択するよりも、高級感のある名札を選択した方がいいと思います。

2.オーダーメイドの名札を選ぶときに注意すべき点は
名札を選ぶときにはデザイン性や大きさなど注意すべき点はいろいろありますが、衣類などに傷をつけないことを選ぶときの大切な要素です。
安全ピンで装着するタイプは、どうしても洋服に傷を付けてしまうため、クリップタイプやマグネットタイプなどをおすすめします。今では名札の装着の方法もさまざまです。

3.名札のデザインにこだわる理由は
名前を覚えてもらうためのものなので、デザインは関係ないという方もいるようですが、名札はそれを身に着けている人の印象にも影響するとても大事なアイテムです。
デザイン以外にも大きさでも印象に影響するので、できるだけ慎重に選択してください。

04多くの種類がある名札の選び方を紹介

多くの種類がある名札の選び方を紹介

名札は、会社や学校などでは欠かすことができないアイテムで、展示会やセミナーや説明会など多くの人が集まり、お互いが名前を認識する必要がある場面でも必要不可欠な存在です。
たかが名札と思っている方も多いと思いますが、名札にはいろいろな素材や使われている他、大きさもタイプも貼り付け方も豊富で、名前をどのようなデザインにするかによって企業イメージにも大きな影響を与えます。したがって、そのことも考えて名札は慎重に選ばなくてはいけません。
取り付けタイプで言えば、「タッグタイプ」「吊り下げタイプ」「シールタイプ」などがあります。
タッグタイプは病院や店舗やイベントで良く見られる名札で、自分の名前をきちんと認識してもらうために胸ポケットなどに直接取り付けます。
安全ピンで留めるタイプやクリップ式で取り付ける方法があります。また、その両方の機能を備えた2wayタイプもあります。
吊り下げタイプは良くオフィスで利用されている名札で、社員証やIDカードも一緒に収納できるようになっていて、首から下げるタイプです。
シールタイプは短期間の使用に最適で、イベントなどで良く用いられています。

FAQ一覧

PageTop

お問合せはこちら